京滋の掃除屋@おっさんレンタル

自営業の掃除屋・おっさんレンタル特派員・雑記ブロガー!自分の人生観をバラまいて、誰かの人生の役に立ちたい!そんなブログです。

#KuToo運動で過半数をとって勝利するには?

スポンサーリンク

f:id:maromimix:20191208134106j:plain


#KuToo運動

 

職場で女性のみにハイヒールやパンプスを強いる企業の服装規定をなくし、
選択肢が男女同じになることを目標とする活動。

 

なんとなくは知っていましたけど、今年の流行語TOP10に入っていたのですね。

 

ちなみにこんな感じ

 

・ONE TEAM

・計画運休

・軽減税率

・スマイリングシンデレラ/しぶこ

・タピる

・#KuToo

・〇〇ペイ

・免許返納

・闇営業

・令和

 

男性だからあまり気にして見てなかったのか?

テレビとかでも取り上げられていたのですかね?

いやはや、もっと注意してみるべきでした。

また、客観的に見て、一番意味のある言葉であり、動きだったのかなと個人的に思います。

正直言って、男性にはあまりピンとこない問題でもあります。

だって、履いた事ないですからね。

そういう事で、世の中のおおよそ半数は、無関心と思える問題。

それがTOP10に入るという意味は大きいのかなと思います。

でも、どこまで注目を集めているのか?

継続性は?

気になってしまいます。

特に継続性という面は大事だと思います。

同じように広がった「Me too」運動。

もちろん、今でもセクハラ問題は取り上げられますが、
この言葉は聞かなくなりました。

社会の流れを作ったという意味では成功。

ただ、一過性で終わってしまっては、もったいないなと思ってしまいます。

今でも問題は続いているのですから。

 

話は戻って、#KuToo運動。

当事者意識はないのですが、単純に履いている女性を見ると大変そう

バランス悪いのは見ていてわかります。

足の病気とかにもなるのですよね・・・。

注目を集めている今だからこそ、何か、「あおる動き」がほしい所です。

何かないものでしょうか?

 

男性に履かせる!

 

動きを加速させるには、これしかないです。

部分的に、やってみた会社の人もいるみたいです。

本当に一部ですが・・・。

男性の感覚でいうと、似ているのは下駄でしょうか?

あんなものを履いて、日常生活はしたくありません。

男性も分かってはいるのでしょうね、大変さは。

 

・今までの慣例

・女性管理職が少ない

・男性目線で単純に綺麗にみえるから

これぐらいでしょうか?

就業規則が変わらない理由は。

 

おそらく、女性の方だけが声高に訴えても、このままでは変わりません。

会社に半数は絶対にいる男性に、わからせないと無理です。

女性の中にもヒールの肯定派は、ある程度いると思います。

それを考えるとなおさらに男性の味方が必要です。

民主主義国家では、過半数が大事ですからね。

そのためには論より証拠

男性にヒールを無理矢理でも一度、履かせましょう。

 

こんな取り組み無理でしょうか?

 

それは、「管理職のヒールで10m走!」

どこの会社でもいいですが、男性管理職を5名ほど集めます。

全員にヒールを履かせて10m走!

今はスマホですぐに動画はとれるので、すぐにユーチューブで公開。

管理職にどれだけつらかったか話してもらいましょう。

(私は履いた事ありますが、2.3歩いて壁に突っ込みました・・・。)

少し前にはやった、バケツチャレンジみたいな感じでしょうか。

今は人手不足の時代です。

特に有能な女性スタッフの確保は難しいと聞きます。

そんな中、こういう動画をあげたら、その会社のイメージはあがりそうです。

明るい会社にも見えますしね。

企業アピールというか、会社のくだらない日常みたいな感じでいいのではないでしょうか。

また、会社のHPでこういう動画があったら私は共感しますね!

ぜひぜひ、そんな会社が見てみたいです。

↓にほんブログ村ランキングに参加しています。 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村