京滋の掃除屋@おっさんレンタル

自営業の掃除屋・おっさんレンタル特派員・雑記ブロガー!自分の人生観をバラまいて、誰かの人生の役に立ちたい!そんなブログです。

ミサンガに願いを込めて

スポンサーリンク

ミサンガって何?

多分、そんな人も多いのかなぁ~と思います。

日本で爆発的に普及したのがJリーグ元年

今から20年ぐらい前ですよね。

今年はラグビーが盛り上がりましたが、その比ではありませんでした。

日本中でオレオレ言ってました。

そして、サッカー選手の多くが付けていたのがミサンガ。

こんなもの。

 

f:id:maromimix:20191216170617j:plain

 

 

・願いを込めてつける。

・切れると願いが叶う

 

こんな感じでしたでしょうか。

当時、私もサッカーをしていましたが、みんな付けていましたね。

懐かしいです。

両手、両足に何本も付けている人もいました。

行き過ぎるとなにかの封印みたいに見えましたが・・・。

そんな感じで爆発的に流行したミサンガですが、

今ではほとんど付けている人を見かけなくなりました。

先日、銭湯にいった時に改めて思いました。

ただ、ここ最近では東日本大震災の折に復興に一役買っていたそうです。

(すいません、私は全く知りませんでした)

そんなミサンガですが、こんな感じで使えないかなぁ~とふと思いました。

今回はそんな話です。

 

政治に興味がないのではなく、政治家に興味がないだけ。

 

最近の若いものは・・・。

昔から語り継がれる、人生の先輩達の決まり文句です!

今の日本で一番言われるのは、政治の事に関してではないでしょうか?

選挙での投票率の低迷。

選挙が行われる度に、現役世代や若い世代の政治離れが問題視されます。

若い人達も政治に興味を持たないといけない!

新聞の読者投稿欄で、じいさまとばあさまが怒っていました・・・。

言いたい事はわかるのですけど、少し間違っている事があります。

それは政治家に興味がないだけであって、政治問題には興味や関心があるという事

 

安倍さん、麻生さん、菅さん・・・。

自民党、公明党、民進党・・・。

これらには興味がありません。

 

桜問題、失言問題、任命責任・・・。

国会で繰り広げられる猫パンチの泥仕合・・・。

正直、どうでもいいと思ってしまいます。

 

それに対して、

・少子化問題

・イジメ問題

・虐待やDV問題

・性差別の問題

・環境問題

これらの政治問題に関しては、

多かれ少なかれ若い人達も、関心や持論を持っていたりするのではないでしょうか?

そう、政治に無関心で有ることと、政治問題に関心がある事とは、

全く別の話です。

 

国を動かす3つの力

 

そういう事で、多かれ少なかれこの問題を解決したい!と思う事があるはずです。

 

・自分の生活に直結する事。

・海外の動きに感銘をうけた事。

・未来に対して不安に思っている事。

こんな視点でしょうか。

 

国の中で色んな問題が発生した時に、
問題解決に向けて関与するものは3つあると思います。

 

・政治家

・経済界

・国民

 

政治家さんに関しては法律を作ったりする直接的な動きです。

経済界に関しては一番、質の悪いものかもしれません。

例えばアメリカの銃器の問題。

どれだけ国内で銃犯罪が増えようが、その抑制案にはライフル協会が反対します。

日本においても環境問題において、

二酸化炭素排出量の修正目標に、ストップをかけたのは経済界です。

今は、特にヨーロッパの国々から、

日本の環境問題に対する取り組みは、消極的過ぎて批判の的です。

あまりにも怒られるので、流石の政治家さんたちも動かないといけません。

しかし、実際に動こうとしたら、

経済界から「待て!」と言われて、やめてしまったのが今の政治家さん達です。

まぁ、電力の問題とかでダメージが大きいのでしょうね。

そして、政治家さんたちも、経済界からの献金がなければ政治活動が出来ません。

無視できないので、やめないとしょうがなかったのでしょうね。

 

そんなこんなで政治が動かない時、諸外国では国民が動きます。

・ストライキ

・デモ

・テロ

こういう手段で動きます。

最後のテロは言い過ぎかもしれませんが、

切迫が行き着く所はここしかないとも思います。

直接的にイメージできるのは上の二つ、ストライキとデモでしょうか。

・環境問題における若者達の学校からのストライキ

・香港の民主化における学生たちのデモ

これら以外にも、色んなストやデモのニュースを各国で見ることが出来ます。

もちろん、日本でも起こっています。

一番は、原発問題の時だったでしょうか。

しかし、あの映像を見て、みなさんはどう思われたでしょうか?

私は「何か違う」と思いました。

意見のあげかた・伝え方としては使ってはいけない手段だと感じたのです。

それはなぜか?

理由は、

どうしても暴力的に見えてしまうという事ではないでしょうか。

実力行使は最終手段なのかもしれません。

しかし、その行き着く先は広義で考えれば、

やはり戦争というものではないでしょうか。

日本は戦争で数多くのものを失い、深く傷つきました。

その痛み・反省は意識してないだけで、全ての日本国民に刻まれているはずです。

こう考えてみると、私が感じるストやデモに対して賛同できない感情は、

分かって頂けるのではないでしょうか。

 

でも、声はあげないといけない。

 

ストやデモなどの実力行使は行わない。

しかし、声はあげないといけません。

だって、今の政治家さんや経済界のもたれあい状態では、

多分、何年経っても何も変わりません。

では、どうするか?

私の案はミサンガをつかって、

どんな事に対して問題意識を持っているのかを、表現するという事です。

 

こんな感じです。

色んな政治問題と、色を関連付けます。

そして、自分が一番関心のある政治問題の色で作ったミサンガを、利き手に付けます。

ミサンガの色はこんな感じでしょうか?

 

・少子化問題⇒オレンジ色(希望)※

・イジメ問題⇒黄色(平和)

・虐待やDV問題⇒茶色(家庭)

・性差別の問題⇒赤色(勇気)

・環境問題⇒緑色(優しさ)

 

※ミサンガの色には願いのジャンルがあります。
( )内に関しては、ミサンガの色が表す願いのジャンルわけです。

 

どうでしょうか?

町中でしばらく見ていれば、

・今の世の中でどんな問題に関心が集まっているのかわかります。

・自分と同じ問題を重視している人と、会話をする機会が増えるかもしれません。

・イジメや虐待に傷ついた時、行政以外で相談できる人が見つかるかもしれません。

 

まとめ

 

自分が一番関心のある政治問題を表現して生活する。

そんな人達が町中で沢山歩いている。

それだけで、

看板を掲げる・拡声器で叫んで行動するデモと、

同じぐらいの効果があるのではないでしょうか?

政治家さん達や経済界を動かせるかもしれません。

何よりも平和的なのがいいと思います。

問題点があるとすれば、勉強しないといけない!という事でしょうか。

それはそうです。

表現はするが全く知らないではだめです。

しかし、ある程度の知識で構いません。

同じ色のミサンガをしている人から、色々と教えてもらったらいいですからね。

そのジャンルに関する知識を深めて行きましょう。

その他の問題はどうでもいいのか?と思われるかもしれません。

しかし、一番だめなのは「あれもこれも」という姿勢です。

職人の世界にある言葉です。

「何でも屋は何にも出来ない。」

例えば、先にあげた5つの政治問題全てに精通していくなんて無理です。

精通しようと思えば、一つでも多いぐらいです。

また、世の中の事象というものは、あらゆる側面で繋がっています

一つのジャンルに精通しようと思って勉強すれば、

他のジャンルの情報も入ってきます。

ニュース番組を見るようになれば、他のニュースも見てしまいますからね。

 

そんなこんなでミサンガ広まらないですかね?

突然、町中で誰かが利き手を突き上げる。

その人のミサンガを見て、自分と同じ色だったら自分も手を突き上げる。

格好いいじゃないですか。

ルフィーさん達みたいです。

f:id:maromimix:20191216170435j:plain

 

ミサンガが切れた時。

その政治問題は解決に向かって、一歩前進したのだと私は信じたいです。

 

↓日本ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村