京滋の掃除屋@おっさんレンタル

自営業の掃除屋・おっさんレンタル特派員・雑記ブロガー!自分の人生観をバラまいて、誰かの人生の役に立ちたい!そんなブログです。

銭湯には水着をつけて入る事がマナー

f:id:maromimix:20191220112438j:plain

私は自営業の掃除屋。

仕事柄、仕事終わりにはお風呂に入りたい。

という事で銭湯によく行く。

そして、今日、目に飛び込んできたのがこのニュース。

 

盗撮の男性教諭懲戒免職

 

学校の先生が盗撮して捕まったらしい。

特記する事としてこの方は同性愛者の方。

男風呂で盗撮をしていたのだ。

近畿の10箇所以上の入浴施設で。

 

同性愛者と銭湯の関係性というのは難しい。

共に前に進むためには、銭湯では水着をつけたほうがいいと思う

そして、いろんな角度から見ても、銭湯では水着をつけたほうが正しいと思う

 

 

同性愛者と銭湯の関係性

 

入るべきではない

 

まず真っ先に思い浮かぶのはこれにはなる。

しかし、これは難しい。

カミングアウトをする事すら難しい世の中だ。

それなら本人の倫理感に任せるしかないが、性善説では世の中は管理できない

今回の事件が物語っている。

そして、純粋に銭湯に入りたいこともあるだろう。

その時に女湯に入れば、興味はなくても犯罪は犯罪だ。

男湯、女湯、同性愛者湯。

こんなことも考えられるが、現実的ではない。

色々考えると、入るべきではないというのは論外だと思う

 

カミングアウトの壁

 

同性愛者の方はもっとカミングアウトをすればいい。

そうすることで本人も自分らしく生きられる。

世の中もその方が円滑に回る気がする。

ただ、その中で銭湯というものが壁になっていないだろうか?

学校行事、会社の行事、親類縁者の付き合い

自分が望まなくても、銭湯に入らなければいけない時がある。

カミングアウトをしたらどうなるか?

一緒に銭湯に入ったことのある人の反応は、考えるまでもない。

性的対象の目で見られていた】、と思うだろう。

本人の意思は関係なく・・・。

そう考えると銭湯は、カミングアウトの障壁になっている気がする。

 

守るのは少数派ではなく多数派

 

今の世の中は少数派が尊重され、守られなければいけない。

性的少数者、体に不自由な方。

その中で性的少数者に対するアクションというものは少ない。

カミングアウトすらしづらい世の中ならなおさらだ。

声すらもあげられないのだから。

そうなると、生きやすい社会を作るには多数派が動かなければいけないと思う。

 

盗撮天国

 

女性の裸が見たい

男性なら当然の願望だ。

しかし、女性は服をきているので見られない。

それが無条件で開放される場所。

それは銭湯。

見ず知らずの者同士が裸同士で風呂に入る。

本来ならこれほど危険なことはないと思う。

ネットで「女風呂 盗撮」と検察すれば、恐ろしい数の動画がHITする。

隠しカメラの存在。

そして、それを設置するのも操るのも同じ女性

ネット上で売れるなら商売として成立する

割り切ってしまえば、誰でも行う可能性はある。

カメラもどんどんその機能は発達する。

一般人がカメラと気づくのは、おそらく無理だろう。

世の中は性善説では成り立たない。

女性が裸でお風呂に入ることは、

治安の悪い国で、女性が一人で歩く事と同じだろう。

女風呂に入る女性に一人ずつ聞きたい。

「貴女はスラム街を一人で歩けますか?」

 

そもそも見たくない

 

同性愛者の方の目線。

女性風呂の盗撮問題。

 

これらを考える以上に、そもそもの話で私は見たくない。

同性の局部など、目に入るだけで気持ちが悪くなる。

しかし、最近では隠して歩く人は少数派。

手ぬぐいを持たずに入るバカもいる

そもそもの話が、何も着ずに銭湯にはいることは正しいのか?

自分の体にコンプレックを抱える人もいる。

 

同じようなものにプールというものがある。

男性専用プールを作ったとしよう。

そしたら水着を着る必要はなくなる。

みんな裸で泳ぐのだろう。

私は気持ち悪いからいかない。

 

まとめ

 

私は銭湯が好きだが、昔から裸で入る事に疑問を持っていた。

しかし、水着を着て入ったら変な目で見られるだろう。

店側から注意を受けるかもしれない。

でも、店の注意書きにはそれらの内容は書いてない。

どこかで思い切って、行動に移すことを本気で考えたい。

 

何度か書いたが世の中は性善説では回せない。

特に女性の方。

・銭湯にいけば盗撮されていると思ったほうがいい。

・その動画がネット上で流される。

・それを知り合いの男性が発見する。

それをネタに脅される・・・

簡単に思いつくフローだ。

また、幼い女児を男風呂に入れているお父さん。

世の中では女児の誘拐話が頻発している。

男風呂でも微笑ましい以外の目線でみている人がいる。

大丈夫なのか?と思ってしまう。

 

銭湯はいろんな意味で、時代の流れに試されているのではないかと思う。

しかし、絶対になくなってほしくないと思う。

私は大好きだし、日本の大事な文化ですもんね。

では、その解決の一歩目は水着をきて入ることだと思う。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村