京滋の掃除屋@おっさんレンタル

自営業の掃除屋・おっさんレンタル特派員・雑記ブロガー!自分の人生観をバラまいて、誰かの人生の役に立ちたい!そんなブログです。

ミニマリストは貧乏人には真似できないライフスタイル。

f:id:maromimix:20191230174844j:plain

「持ち物をできるだけ減らし、必要最小限の物だけで暮らす人。」

ミニマリストの定義ってこんな感じでしょうか。

雑誌やテレビ、そしてブログでもよくみかけます。

最初は単純にカッコいいなと思っていました。

物を大事にする事は大事なことです。

親が子供に教える大切なことです。

今ではミニマリストだと宣言する人も増え、何やら競争めいたものに見えます。

それを第三者的な目線で見て思うのは、

「小金持ちの貧乏人ごっこ」に見えるということです。

こんな事を言ったら怒られるかもしれません。

ただ、ミニマリスト自慢はどうしてもこう見えてしまいます。

貧乏人にはミニマリスト自慢は出来ません。

 

 

貧乏人は捨てるものがない。

 

ミニマリストと同じように広まったのが断捨離

今でも同じぐらいよく聞きます。

ミニマリストが最初にする事なのでしょうか。

自分の周りの不要なものを全て処分していく

ここで思ってしまうのが、大前提としていっぱい物をもっているのですよね?という事。

私は福祉の世界にもいましたが、本当にお金のないご家庭にはものなんて本当にありません。

そう、捨てるものなんてないのです。

そういう意味では戦後の日本などは、ミニマリストのピークだったのかもしれません。

ミニマリストは少々の小金もちになって、物を買い集めてからしかスタート出来ません。

 

貧乏人は捨てられない。

 

先に行った事と矛盾しているようで、これもお金のないご家庭の特徴でした。

本当に使うのこれ?というものがたくさん。

世間一般の目でみるとただのガラクタの山。

でもいつか使うかもしれないというのが捨てない理由。

何か不足の事態が起こった時への備え。

お金があれば有事の時には対策の為のものが買える。

しかし、お金がなければ手持ちのもので対応するしかない。

では、それに備えて手持ちの物はできる限り持っておこう!

この考えは本当によくわかります。

いつか使えるかもしれない。

私もこれにあてはまります。

特に仕事が自営業という事で、現場で助けてくれるのは道具類だけです。

車の中は物で溢れかえっています。

そして、結構な割合で困った時に助けてくれます。

今のこの世界は、何が起こっても不思議ではありません。

不足の事態は必ず襲ってきます。

その時に自分や周りの人達を助けてくれるのは、物であり道具類です。

生活に支障のない範囲で、物は保有しておく方が正しい気がします。

災害時にミニマリストだからといって、いろんな物が優先的に配られるわけではありません。

 

貧乏人に余裕はない。

 

・次に何を捨てようかと常日頃から考える。

・本当に自分にあったものを買うために数週間も調べる。

 

貧乏人にこんな暇な時間はありません。

まさに「貧乏暇なし」です。

・身動きが取りづらくなってきたら捨てる事を考える。

・ネットで数分調べて直感で購入する。

これぐらいの感覚がライフスタイルです。

何を捨てるかや、何を買うか?

こういうことに必要以上の時間をかけられるのは、やはり人生に余裕がないと出来ません。

 

まとめ。

 

ミニマリスト批判ではありません。

最初にも書きましたが、物を大事にする事は大切な事です。

でも、どうしても矛盾を感じる事が目に付きます。

それが今回書いた「貧乏人ごっこ」に見えてしまうという事。

・必要最小限の物で暮らさざるをえない人。

・溢れかえったものだけが人生の糧になっている人。

こういう人達の目からは、ミニマリストはどう映るのでしょうか?

また、ミニマリストさん達の住まいが結構なスペックに見えるのは気のせいでしょうか?

必要最小限という生活なら、築30年のワンルームで十分な気がします。

 

そんなこんなで、どうしてもミニマリストさん達は小金持ちに見えてしまいます。

小金持ちやお金持ちにはお金を使ってもらわなければいけません。

トリクルダウンが成立しません。

貧乏人にお金が回ってきません。

そう、無駄使いしないといけないのです。

悪いことかもしれませんが、大量生産大量消費は経済発展の基礎です。

世の中がミニマリストだらけになったら日本経済は大打撃です。

爆買の中国人に助けられているばかりではいけません。

 

ミニマリストの主義主張は競争の結果、行き過ぎたのだと思います。

「物を大事にしよう!」レベルで止まっておけばよかったと思います。

・いらないものは捨てる。

・必要なものを購入する。

本来ならあたりまえの事です。

ブームになる事自体が間違っています。

貧困国の人が見たら、首をかしげるかもしれません。

幸せで豊かな国だと思われるでしょう。

 

↓日本ブログ村に参加しています。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村