京滋の掃除屋@おっさんレンタル

自営業の掃除屋・おっさんレンタル特派員・雑記ブロガー!自分の人生観をバラまいて、誰かの人生の役に立ちたい!そんなブログです。

今年最後に今年の失敗をなんとなく振り返った話。

スポンサーリンク

f:id:maromimix:20191231184921p:plain

今年も残す所あとわずか。

昨日までお仕事だったので今日はやや遅めの起床。

今年1年無事で良かった。

一匹狼の自営業という事で、体を壊したら収入0でゲームセット

そういう事なので色々と体には気をつけています。

仕事に行く前には部屋でラジオ体操

帰って風呂上がりにストレッチ

まぁ、それぐらいなのですが、続けるのは根気がいります。

一年間乗り切れたのもこれらのおかげだと信じたい。

健康や体調管理って、お金をかけなくてもできる事はある

貧乏人の強がりですが、朝の体操とかって本当に大事だなとつくづく感じます。

たまに朝の時間帯に、どっかの営業所とかでラジオ体操をしているのをみかけます。

大抵がみなさん適当。

なんか勿体ないなぁ~と思います。

体を壊してからでは手遅れですからね。

そんなこんなで失敗しないように気をつけていますが、失敗は起きます。

今日一日は「ぼ~っと」してましたが、頭に浮かんだ今年の失敗を振り返ります。

 

 

春先にロフトで宙吊りになる。

 

一時期流行ったロフト

最近はあんまり聞きませんし、掃除に入ってもほとんどありません。

それは昔にたてられた物件でした。

皆さんはロフトって体験した事ありますか?

ロフトって何?という方に一応説明。

はしごであがれる屋根裏部屋みたいなスペースのある部屋。

生活空間と寝る空間を分けるといったイメージでしょうか。

一見するとお洒落ですが、色々と面倒があります。

・夏場の暑さはまさに地獄。

温かい空気は上に向かい、冷たい空気は下に向かいます。

冬場はいいですが、夏場は地獄です。                                      

いくらエアコンをかけようが涼しくなりません。

夏場のロフトはサウナですね。

・ハシゴが急で上り下りが怖い。

1ルームのロフトとかは、無理やり感があってハシゴがかなり急です。

救助訓練の感覚です。

そして、そんなハシゴが急な部屋で事故は起こりました。

もちろんロフト部分も掃除して、床にはワックスを塗ります。

ワックスを塗るときは、端までしっかりと入れる為に気を使います。

気を使いすぎました。

集中しすぎてハシゴを踏み外しました。

ハシゴの最上段に左足が滑りこむ形で宙吊りに・・・。

一人作業なので部屋には誰もいません。

選択肢は2つ。

・無理やり落下する。

・なんとか這い上がる。

実は最初に浮かんだのは前者です。

起き上がれる気がしませんでした。

ただ、冷静に下を見て、落下したら本当にやべぇなと思いました。

そして、後者に切り替え。

自分の想像以上に筋力と柔軟性が発揮されました。

宙ぶらりんのまま体をおこして柵をつかみ、懸垂状態からのアクロバットでロフトに帰還。

火事場のくそ力というやつでしょうか?

再現しろと言われても無理です。

見事に帰還しましたが、しばらくの間は挟まった左足は能力30%ダウンでした。

ロフトは危険です。

1ルームのロフトとかを借りるときは、本当に気をつけてください。

 

「混ぜるな危険」は本当に危険。

 

洗剤でよくみかける混ぜるな危険!

実は本当に危険です。

洗剤にはアルカリ性の洗剤と酸性の洗剤があります。

ただ、家庭用の洗剤は安全面に配慮して大半が中世洗剤が使われています。

界面活性剤というもので汚れを落としているのですね!

しかし、掃除屋という事で洗剤は強めのものを使います。

汚れにおいても、アルカリ性と酸性の汚れがあります。

ようは、中和して汚れをおとすわけです。

酸性の汚れにはアルカリ性の洗剤を!ですね。

たまに、どちらの性質の汚れか分からない時があります。

どちらか一方を試して、その後にもう一方を試す。

結構、よく使う手です。

しかし、混ざってしまうと有毒ガスが発生します。

それが「混ぜるな危険!」の根拠です。

もちろん、普段から気をつけていますが、その日は急いでいました。

アルカリ性の洗剤を試してだめだったので、適当に流して酸性洗剤をぶちこむ。

汚れは取れましたが、途中から咳が止まりません。

家に帰ってからも止まりません。

寝るときも止まりません。

多分、有毒ガスで気管がやられたのでしょう。

皆さん、「混ぜるな危険」は本当に危険です。

どうしても違う洗剤を使いたいときはよく流して、時間をおいた後に違う洗剤を使用しましょう。

 

マクドナルドで本当に赤面

 

これは肉体的な失敗ではありません。

精神面ですかね。

その日のお昼はマクドナルドに行きました。

そして、その前後は何か仕事がうまくいっていませんでした。

いわゆる凹んでいましたね。

そんな状態で注文。

取り返しのつかない言い間違い。

店員さん:ご注文をお伺いします。

掃除屋:「ダブルチーズバーガー定食」

店員さん:??????

もちろん、「ダブルチーズバーガーセット」と言いたかったのです。

セットを定食に間違いました。

店員さんからは自然なスマイルをいただけました。

しかし、42歳の身に耐えられる恥ずかしさではありません。

多分、絵に書いたような赤面だったと思います。

しかし、振り返ってみるとそんなに間違っているようには思えません。

日本語って難しいですね。

 

まとめ

 

そんなこんなで掃除屋の1年を振り返って思い出深い失敗談でした。

特に2番目の「混ぜるな危険」は本当に気をつけてください。

強い洗剤ほど、その反発力は強いです。

漂白剤系とかトイレ系でしょか。

正しく使えば何の問題はないので、気をつけるのは子どもたちでしょうか。

家のお手伝いでも、掃除は気付けないといけないかもしれませんね。

 

最後に

 

ブログを初めて2ヶ月ぐらい。

つたない文章ですが、読んでいただけている方には本当に感謝です。

そして、読ませて頂いて本当に参考になり、勉強になります。

来年も掃除屋のおっさん目線で何か役にたてる事をかければと心から思います。

みなさまの2020年がよい年である事を心から願います。

 

2019.12.31 滋賀県にある年末の大掃除をさぼった汚い部屋より。

 

↓日本ブログ村に参加しています。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村