京滋の掃除屋@おっさんレンタル

自営業の掃除屋・おっさんレンタル特派員・雑記ブロガー!自分の人生観をバラまいて、誰かの人生の役に立ちたい!そんなブログです。

「ONE TEAM」という言葉は世間では重た過ぎるし実現不可能。

f:id:maromimix:20200101191104j:plain

2019年の年末。

その年を振り返る番組も多かったです。

その中でひときわ多く取り上げられたのがラグビーの話題。

「ONE TEAM」

2019年の流行語大賞にもなりました。

確かにラグビー日本代表の活躍は素晴らしかったと思います。

私もスクールウォーズ以外で初めてラグビーに注目しました。

ルールはうろ覚えでしたが、試合は見ていて面白かったです。

しかし、同時に思う所というものも多かったように感じます。

年が変わり、改めてラグビーワールドカップで感じた事を書きたいと思います。

 

 

日本人だけでは勝てない競技。

 

31選手のうち、海外出身者が15名。

最初は疑問が投げかけられたが、リーチ主将の訴えなどで直ぐに解決。

共生社会の理想形とも称されました。

これは本当にそうだと思います。

今の日本には特にアジア系の外国人の方が多数来られ、共生社会の実現は必須です。

ラグビーワールドカップはその必要性を改めて感じさせてくれました。

それに意義はあったと思います。

しかし、突きつけられた現実があります。

それは日本人だけでは勝てないという事。

やはり、肉体が接触するような激しいスポーツでは日本人は不利です。

結果が出しにくいです。

サッカーやバスケなども同様でしょうか。

日本は世界屈指の経済大国です。

何よりも平和な国です。

もし、紛争が続く国なら15名の海外出身者は日本にきたのでしょうか?

日本代表として戦ったのでしょうか?

結局の所、国としての経済力の勝負だったのではと思ってしまいます。

次回のラグビーワールドカップまであと4年。

ありったけのお金を出して、海外選手を引き抜きまくります。

3年以上の居住で日本代表になれます。

日本はワールドカップで優勝できるかもしれません。

安倍さんが言う通り、経済成長が全てです。

 

「ONE TEAM」という言葉に感じる息苦しさ。

 

私だけでしょうか?

息苦しさを覚えたのは?

一つにまとまらなければ成果は出ない。

政治家や会社のえらい人達は、こぞってこの言葉を年末の挨拶に使いました。

学校、会社、サークル等。

世の中にはいろんな組織があります。

そして、その組織に必ずあるのが派閥。

「ONE TEAM」なんてものは夢物語です。

あるのは妥協や協調。

国単位で見てもそうです。

アメリカ、中国、ロシア。

三大国家が牽制しあって世界は成り立っています。

一つにまとまるというよりも、力の均衡というものが大事です。

まとまれと言われても無理です。

嫌いなものは嫌いです。

うわべだけの付き合いで済ますのが大人の世界です。

影響をうけすぎた馬鹿な教師が暴走しないか心配です。

・一人が好きな生徒。

・集団が苦手な生徒。

この子達は「ONE TEAM」を目指す必要はありません。

今の世の中は団結よりも個を大事にする時代です。

そういう意味で息苦しさを覚えてしまいます。

時代の流れにあっていません。

 

高校バスケで見られる縮図。

 

高校バスケの全国大会は年末に行われました。

あまり詳しくないですが、見ていて感じた事です。

 

・留学生の存在でチーム力が変わる。

強い高校に必ずいるのが留学生です。

私が住む滋賀県の隣の京都の高校は公言しています。

チーム力アップの為に留学生を招待していると。

プロの世界みたいですね。

しかし、こんな事はお金のある学校しかできません。

公立高校なんて無理でしょう。

バスケは身体能力の差が歴然として現れます。

2メートルの選手がゴール下にいたら無双モードです。

ユーチューブで高校バスケを検索してください。

留学生の活躍がいっぱい見られます。

ラグビー同様に、バスケも日本人に向いていないですね。

 

・5人しか試合に出られない。

バスケは団体競技の中で特にレギュラー人数が少ないです。

・サッカーなら11人。

・野球なら9人。

・ラグビーなら15人。

人気でいうならこの3つの競技と同等以上のものがあると思います。

しかし、試合に出られるのは5人だけです。

少ない人数なので、よりコミュニケーション能力が求められそうです。

「ONE TEAM」に徹する事ができる資質です。

技術は高いけど試合には出られない

こんな子どもたちが多そうです。

だから、バスケにはストリートというものがあるのでしょうか?

「ONE TEAM」になれと言われても出来ない子は出来ないです。

色んな競技でストリートバスケみたいな受け皿が必要かもしれません。

 

まとめ

 

プロの世界ってどういうものでしょうか?

・みんなの力が合わさって勝てた!

・俺の力のおかげで勝てた!

本来は、後者がプロの世界ではないでしょうか。

エゴイストの集まりがプロ集団です。

まぁ、そんな事を言ったら叩かれるのがオチなので誰も言わないでしょう。

ビッグマウスは世間に嫌われます。

しかし、絶対にラグビーの代表選手たちも心の中では思っていることだと思います。

そうじゃないとプロにはなれないでしょう。

そういう事でどうしても「ONE TEAM」という言葉には演出感を感じてしまいます。

結果的にはラグビー人気が上がり、大会が成功したので大成功です。

心配なのはあおりすぎた事

「ONE TEAM」になれない人が悪者扱いされそう

出来ない人間扱いされそうで怖いです。

出来ない人は出来ません。

学校、会社、サークル・・・、

いろんな組織で生きづらい人が増えない事を祈るばかりです。

 

↓読者登録して頂けると嬉しゅうございます。

↓日本ブログ村に参加しています。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村