京滋の掃除屋@おっさんレンタル

自営業の掃除屋・おっさんレンタル特派員・雑記ブロガー!自分の人生観をバラまいて、誰かの人生の役に立ちたい!そんなブログです。

来月あたりにDVDを借りる時に参考にしてほしい!勝手きままにお届けする映画レビュー12月4選。

f:id:maromimix:20200105184623j:plain

映画を見るのが唯一の趣味。

毎月3本か4本は必ず見ている。

基本的には邦画メイン

洋画が嫌いというわけではありません。

たまに見る時もあります。

ただ、やはり国の文化というものがあります。

特にアメリカ映画にみられる銃撃シーン。

ああいうのが理解も共感も出来ません。

あとは爆破や破壊シーン。

派手な事が正義のような気がして、何か違和感。

まぁ、それは趣味の問題として私はほぼ邦画専門です。

実はブログを始めたときに直ぐに映画ネタを書こうと思いました。

しかし、書こうと思うと難しい・・・。

映画系ブログは専門性が高いです。

その映画に対して事細かく解説や見解が展開されます。

一瞬であきらめました。

ただ、何らかの形で書いてみたい。

出した答えが、何本かまとめてさらっと感想を書くという事。

そういう事で、一月単位ぐらいで見た映画の感想を勝手きままに書こうかと思います。

暇な時に、DVDを借りる際の参考になれば嬉しいです。

 

 

12月4日鑑賞 決算!忠臣蔵

 

主演:堤真一 岡村隆史

 

肩の力を抜いて見られる時代劇コメディ

一昔前は年末に時代劇は定番でした。

去年の唯一はこれでしたね。

誰もが知る忠臣蔵をパロディ化。

堤真一さんを中心に笑いの掛け合いが面白かったですね。

現代と江戸時代の金銭感覚の違いという意味でも勉強になるかもしれません。

残念なのは忠臣蔵の緊張感がなかった事。

忠臣蔵といえば時代劇の名作です。

討ち入りのシーンは時代劇の名シーンです。

それを期待するとガッカリします。

あくまでパロディです。

楽に見るならオススメの一本です。

評価は3点(5点満点)ですかね。

 

12月11日鑑賞 ルパン三世 THE FIRST

 

誰しもがしるアニメの名作

シリーズ初の3DCGアニメーション

感想は本気で面白かった

最初から最後まで釘付け。

張り巡らされた伏線の数々。

緊張感と笑いの連続。

あとは振り返ると扱っているテーマがでかい。

日本に収まらないのがルパンの世界観のすごい所。

すごすぎて国際的に大丈夫?と心配してしまう程です。

残念な点をあげると、次元と五エ門の活躍シーンがもっとほしかった。

まぁ、それなりに活躍はしますけどね。

評価はもちろん5点(5点満点)です。

 

12月25日鑑賞 屍人荘の殺人

主演 神木隆之介 渡辺美波

 

予告編を何度もみて大分期待値が上がっていました。

上映が始まって最初に感じるのが意外性。

こういうストーリー展開なの・・・。

原作を知っていれば大丈夫だと思います。

しかし、知らない人からすると、世界観のピントを合わせるのが最初の試練です。

一緒に見た私の嫁は、次の日も何か納得できないと言っていました・・・。

私は面白ければありなので直ぐに世界観も受け入れました。

推理モノ、探偵モノなんて意外性が価値観です。

ただ、残念なのは頭によぎるのがどうしても「カメラを止めるな!」。

見ていただければわかると思いますが、どうしてもあの作品がちらつきます。

救いなのは、笑いの要素が多いという事。

神木隆之介さんはその辺りが抜群に上手です。

渡辺美波さんのツンデレ感も中々GOODです。

探偵ものにありがちな、意味がわからず眠くなるという事もありません。

そういう意味では絶妙な所を責めているかもしれません。

評価は4点です(5点満点)です。

 

12月31日鑑賞 アナと雪の女王2

 

2019年最後に見たのはこの作品。

初代アナと雪の女王はおっさんが見ても感動した。

あれだけ騒がれたのも納得出来る。

そして、思っていたのは続編は出さないでほしい・・・。

あれだけのHIT作を超えるのは難しいですもんね・・・。

この作品は論評が難しいと思います。

私の嫁は「初代よりも良かった!」と言っていました。

では、僕は?

実は途中で寝ました・・・ZZZ。

記憶がありません。

ありのままの僕です。

理由はいくつかあります。

・歌がむちゃくちゃ

インテゥ・ジ・アンノウン~。

主題歌はこれ。

年末にはこれを歌う新人歌手の方が色々とテレビ出演されていました。

しかし、歌は本当にむちゃくちゃ。

サビ以外は頭に入ってこない。

英語の歌詞を日本語にする事に無理があるのでしょう。

サビ以外は津軽弁かと思ってしまいます。

何を言っているのか頭に入ってきません。

数年後には早口言葉のレパートリーに入っているかもしれません。

・アクション映画?

今回のエルザはとにかくブッ放します。

魔法の乱用です。

アメリカ人の感覚でしょうか?

乱射事件です。

日本人が見たいのは心の機微です。

前作にはあった心情の繊細さが弱いです。

アメリカ人のありのままは「NO THANK YOU」です。

難しいですね、この映画は・・・。

私は本当に途中の記憶がありません。

しかし、良かったという人の意見も聞きます。

自分の感覚と世間の感覚。

協調というものは大事であり、図る事は意義のある事です。

そういう意味では価値有る一作です。

評価は4点(5点満点)です。

 

まとめ

 

映画は面白いです。

だいたい2時間の上映です。

その間、スマホ、仕事、人間関係・・・。

全ての事を忘れられます。

(忘れる事は大事で、依存症対策の一環です。)

奥さん、子供、大切な人・・・。

一緒に映画を見に行ってほしいです。

(行くことが難しいならDVDでOKです。)

どんなに関係が複雑化しても、同じ時間を共有したという事実は変わりません。

共有するという事は和解への第一歩です。

特に素晴らしい作品というものは効果絶大です。

これに反してお笑い番組というものは一過性です。

数年後に振り返ることはないでしょう。

愛する人、大切な人、一緒にいたい人・・・。

そういう人とは、是非、一緒に映画を見てほしいです。

作品の魅力に環境なんて関係ありません。

なんとなくレンタルで映画を見たい・・・。

そんな時に参考になれば幸いです!

↓読者登録して頂けると嬉しゅうございます。

↓日本ブログ村に参加しています。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村