京滋の掃除屋@おっさんレンタル

自営業の掃除屋・おっさんレンタル特派員・雑記ブロガー!自分の人生観をバラまいて、誰かの人生の役に立ちたい!そんなブログです。

女性にお届けする男風呂の珍事。

f:id:maromimix:20200108090626j:plain

お風呂に浸かりたくなる季節。

残念ながら我が家のお風呂には追い焚き機能がない。

なので、もっぱらシャワーのみ。

お風呂に浸かりたくなったらスーパー銭湯に出かける。

最近の銭湯はスーパーとつくぐらいだから本当に快適に過ごせる。

漫画、テレビ、仮眠・・・。

一日過ごすことも可能

どうでもいい話だが風呂上がりにバッチリ化粧で出てくる女性。

本当に大変だなと思う。

 

・男性は銭湯だけはデートコースにいれないマナーがいるかもしれない。

・女性も好きな男性には銭湯好きは打ち明けてはいけない。

なんとなく思いついた恋愛のマナーでした。

 

話は戻って今回書きたいのは銭湯の珍事

銭湯は見ず知らずの他人同士が裸で過ごす場所。

色々と面白いこともおこります。

 

 

寝湯で見た男性特有の生理現象。

 

最近の銭湯には寝湯というものがある。

5cmぐらいのお湯がはってある仮眠室みたいな場所。

本当に寝られる。

不思議なもので5cmでもお湯があればこの冬場でも問題なし。

そういう事で爆睡している人の姿も普通にみかける。

爆睡と気持ちよさ。

睡眠中は自我を抑えることなど不可能。

よっぽどいい夢をみていたのだろう。

一人の男性の息子が天に向かって直立不動

付近を通る全ての人の注目の的。

寝湯で爆睡するのは控えたほうがいいかもしれない。

 

女の子が気の毒になった一場面。

 

銭湯はもちろん混浴ではない。

ただ、小さいお子様は別。

女湯では男の子が勃起して問題になったという話を聞いた事がある。

男湯では女の子が気の毒と思う事がある。

その日は休日でたいそう混んでいた。

特に浴室の出入り口付近は、体をふく人達でごった返す。

そこに父親につれてこられた少し大きめの女の子。

離れた所から見ていたが、女の子の目線はちょうど男性達の息子の位置。

360度に広がるアドベンチャーワールド。

こころなしか、女の子の表情が曇っている気がした。

最近読んだ記事では、性教育は3歳ぐらいからしたほうがいいらしい。

逆にいうとそのぐらいから理解できるという事。

あきらかにその女の子は3歳以上。

知らない間にトラウマになっていない事を願いたい。

 

じいさまの背中から茶色いひょっこりはん。

 

最近の銭湯は特に高齢者の方が多い。

健康のためにもいいと思う。

ただ、色々と衰えというものも出るお年。

そのじいさまは、ゆったりまったりとお風呂を楽しんでいた。

ほとんど寝落ち状態。

気が緩みすぎたのだろう。

ポコっと茶色い固形物が浮かんできた。

そう、脱糞

別に責めるつもりはない。

誰にも失敗はある。

銭湯やプールに入る前にはトイレは必須

それには年齢は関係ないと改めて知らされた一場面。

私には見て見ぬ振りで立ち去るしか出来なかった。

猫のものなら抵抗なく処理できるが、人間のものは難しい。

 

まとめ

 

最近の銭湯は本当に華やかになった。

サウナ女子なる言葉が示すように、女性の姿が増えたのも喜ばしい。

老若男女楽しめるのが銭湯

素晴らしい施設だが、色んな人があつまるだけにトラブルもたまに目にする。

この前はタトゥーの入ったお兄さんのトラブル。

店員さんが注意しても聞かない。

難しいと思うのが、入ってからしか分からないという点。

最終的には渋々出ていったが、これは当然の事。

やっぱり一般人から見ると怖いですからね。

あと、最近よくみかけるのが手ぬぐいを持たずに入る若い人達

嫁に聞きましたが、女風呂にも多いらしいですね。

同性同士なので、特に隠す必要も本来はありません。

湯船に入れたらダメなので、持って歩く事は面倒な事かもしれません。

マナーと言えばそうですが、

銭湯に貼ってあるお店側からの注意事項には何も書いていません。

実際の所はどうなんでしょう???

そんな小さな疑問とかも、色々と転がっているのが銭湯という所。

たまには行ってみる事をオススメします。

 

↓読者登録して頂けると嬉しゅうございます。

↓日本ブログ村に参加しています。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村