京滋の掃除屋@おっさんレンタル

自営業の掃除屋・おっさんレンタル特派員・雑記ブロガー!自分の人生観をバラまいて、誰かの人生の役に立ちたい!そんなブログです。

奥さんや子供は邪魔になった旦那を施設に入れるよりも銭湯に入れた方がいい。

スポンサーリンク

f:id:maromimix:20200114185611j:plain

定年後の男性。

話を聞くと色々と面倒くさいらしい。

・家でゴロゴロ。

・買い物に付いてきたがる。

・変な事を始める

仕事がなくなるとする事がない・・・。

「老後をエンジョイ!」

そういうわけにはいかないみたいだ。

家族も心配だと思うがどうしていいか分からない。

しかし、放置も怖い。

変なジャンルにはまると色々と面倒だからだ。

例えばギャンブル

こんなものは時間があればいくらでもできるし、いくらでも負けられる。

ハマると取り返しがつかない。

あと怖いのはインターネット

別に普通に楽しむなら問題はない。

しかし、最近増えているのが高齢者のネット右翼

偏った思想にハマりがち。

まちなかで見かける変な該当集会やデモ行進。

メンバーは大抵が高齢男性だ。

人生の最後にこの国の為の行動を!

悪いとは言わないが、ほっておいてほしい。

 

そういう事で、何かに興味をもたせたい。

経済的な負担もほどほどのもので・・・。

そう考えた時に、うってつけのものがある。

それは「スーパー銭湯」

 

 

他人のふり見て我がふり直せ。

 

これは高齢男性に限ったことではなく、中年男性みんなにあてはまる。

それは体の衰え。

どうしてもお腹が出てくる・・・。

気にはなるが行き着く先は「まぁいいか・・・」。

問題なのは現実を直視しないこと

普段の生活で自分のたるんだ体は常に見ている。

しかし、毎日見ているとなれる

これが自然だと勘違いする。

ここで大事になってくるのが、「比べる」という事。

それには銭湯がうってつけ。

また、最近では芸能人初め筋トレが盛ん。

同年代でも鍛えている人が多い。

そういう人の体と、自分を比べると恥ずかしくなってくる。

自分ももう少し頑張らないと!とおもえてくる。

また、男は一度は筋肉ムキムキに憧れるもの。

体を鍛える事に対して、火がつくかもしれない。

家でゴロゴロしている男性には、良い刺激だと思う。

 

広がるコミュニティー

 

最近の銭湯では高齢者の方が本当に多い。

そして、驚くのがコミュニティーが出来ている事

5人単位ぐらいで風呂に浸かりながら会話をしている。

文字通り井戸端会議。

延々と喋っている。

おそらく、彼らはもともとは初対面同士だと思う。

この銭湯で知り合ったのだ。

文字通り裸の付き合い

仲良くなるのも、早かったのではないかと思う。

実は私もよく話しかけられる。

不思議と嫌な気分はしない

警戒心というものがなくなっているのだと思う。

そういう事で、知り合いが増える可能性は高いと思える。

高齢男性は人の輪を作る事が大事と聞いた事がある。

そう、会社組織というものとは関係ない人の輪だ。

それを作るのに、銭湯はうってつけだと思う。

仲良くしゃべっている姿は、本当に微笑ましい。

 

スポーツ観戦は大勢でやるに限る。

 

家でゴロゴロと野球やゴルフを見ている。

こんな状態も多いのではないかと思う。

打って変わって銭湯。

目の前にあるのは大型モニター。

その前に集まる裸の男達。

そう、「パブリックビューイング」

あれは若者の文化ではないし、最近できた文化でもない。

昔から銭湯で見られる光景。

特に楽しいのは相撲と阪神戦。

どちらも熱烈なファンが集まる。

たくさんのおっさん達が一喜一憂する。

コアな楽しみ方が、廻りで話されるウンチク集。

みんなが各々に知っている知識を話す。

これを【そば耳】たてて聞いていると面白い。

下手な解説者よりも上手だ。

スポーツは一人で見るよりも大勢でみた方がいい。

やるのも見るのも、健康的なほうがいい。

 

まとめ

 

経済的な負担もそれほどではない。

私が通う銭湯は平日で800円。

回数券をかうと700円。

また、色んなクーポンも発行してくれるので、平均すると600円ぐらいだと思う。

毎日通っても一月あたり2万円弱。

許してあげてもよい金額ではないだろうか。

また、送迎バスなんかも整備されている。

昼飯を食べたら銭湯にいってもらう。

夕方までは帰ってこない。

その間、奥さんは自由な時間を過ごせる。

実に平和だ。

 

男の老後問題は難しい。

よく言われるのが新しい趣味を持ちましょう!

普通に考えて難しい。

絞り出すものではないですからね。

運命的な出会いが必要。

そんな運命的な出会いも銭湯ではあるかもしれない。

 

お風呂は一日の生活サイクルの中で必要なもの。

銭湯は趣味とかではなく、必要なものを別の形にするだけ。

こじつけでもなんでも、家族も勧めやすいのではと思う。

家にこもっているなら是非、勧めてあげてほしい。

体がおかしくなって施設通いを考えなければいけなくなる前に、

銭湯通いを考えてあげてほしい。

 

↓読者登録して頂けると嬉しゅうございます。

↓日本ブログ村に参加しています。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村