京滋の掃除屋@おっさんレンタル

自営業の掃除屋・おっさんレンタル特派員・雑記ブロガー!自分の人生観をバラまいて、誰かの人生の役に立ちたい!そんなブログです。

生きていく上で持っておきたい猫という教科書。

スポンサーリンク

たかが猫、されど猫。

今では犬を抑えてキングオブペットです。

理由はもちろん可愛いから。

それに加えて飼いやすいという事もあります。

我が家にも3匹の猫がいます。

一緒に暮らしていて思うのが、学ぶことも多いという事。

今回はそんな猫から学んだ事を書いてみたいと思います。

 

 

 

水道水はうまい

 

私は起床後に目覚めのコーヒーを入れます。

水道水をヤカンにいれます。

その時に必ず我が家の猫は、シンクに上ってきます。

そしてこれが毎朝の光景です。

 

f:id:maromimix:20200120123404j:plain
 

本当においしそうに水道水を飲みます。

本当に水なのか?と疑うぐらいです。

今の世の中で、水道水をそのまま飲む人はすくないと思います。

・ペットボトルで購入。

・ウォーターサーバーの設置。

このあたりだと思います。

しかし、日本の水道水は飲めます

東京や大阪などは少し難しいかもしれませんが、滋賀は全く問題ありません。

私はたまにそのまま飲みます。

目をつむって飲めば、ミネラルウォーターと区別はつきません。

念のために煮沸してお茶にはしていますが、これで十分です。

家庭でも外食でも氷は水道水だと思います。

そのまま飲んでいるのと変わりません。

海外では、飲み水そのものがない国はたくさんあります。

「水道水は水分補給として利用しない」

これは過剰な健康管理ではないでしょうか?

 

カリカリとチュールで世の中は満足。

 

我が家の猫の3食はこれです。

 

f:id:maromimix:20200120123512j:plain

 

そして晩御飯時にチュールをあげます。

かれこれ数年このままです。

たまには違うものを食べさせたい!

飼い主なら可愛さから必ず思うはずです。

しかし、違うものは食べません。

買って後悔することが多々あります。

また、このカリカリは栄養バランス抜群です。

健康のバロメーターとして、人間では便が使われます。

我が家の猫の便。

常に立派な色と形です。

私のように、下痢をしたり鋼鉄化することはありません。

人間の食事も、カリカリみたいにならないものでしょうか?

 

・間違いなくみんな健康になると思います。

 

調理や賞味期限は気にする必要はありません。

 

・食品ロス問題に終止符をうてるかもしれません。

 

最近はグルメ番組が人気です。

創作料理なんかも人気です。

しかし、いつも思います。

この日本にこれ以上新しい料理は必要なのか?

この国は自国で消費している食材を自国でまかなえません。

食料自給率は37%です。

食という分野で、贅沢できる国ではありません

グルメ番組や創作料理。

これらが食材を大切にするという意識を、ねじまげている気がします。

すべての元凶ではないでしょうか?

人間用のカリカリの発売が待たれます。

 

ゴロゴロしよう。

 

猫は一日中寝ています。

朝仕事に行くとき布団で丸まっているのを確認します。

夕方、仕事から帰ります。

そのままの時がたまにあるぐらいです。

 

f:id:maromimix:20200120124043j:plain


そして、そんな姿をみていると、自分もそれでいいかと思えてきます。

猫好きはゴロゴロするのが好きな人が多そうです。

しかし、ある程度はこれでいいと思っています。

最近はみんな忙しい。

特に情報収集。

いろんなサイトを見たり、知り合い知人と情報交換。

インプット・バブルではないでしょうか。

伴っていないと思えるのがアウトプット。

厳密にいうと、頭の中でまとまる時間

好きな言葉に【三上・三中】というのがあります。

考えをまとめるのによいとされる状態です。

 

三上:馬上・枕上・厠上

三中:入浴中・道中・夢中

 

※馬上(馬の上という事で今の世の中なら車や自転車でしょうか)

※枕上(枕の上という事でお布団の上です)

※厠上(トイレですね)

※入浴中(お風呂の中です)

※道中(散歩やウォーキングですかね)

※夢中(回りが全く気にならないぐらい集中している状態)

 

ブログやツイッターはネタ切れが必ず起こります。

私もよく起こります。

そんなときは銭湯に行きます。

そうすると書きたいネタが降ってきます。

また、眠たくなくても布団の上で目を閉じます。

暫くボーっとします。

すると書きたいネタが降ってきます。

アウトプットするには、

猫と一緒にゴロゴロする時間が必要だと感じます。

 

まとめ

 

猫だけじゃなく、ペットを飼うという事は楽しいです。

色んなものを与えてくれます。

楽しい一時を過ごせます。

それに加えて、いろいろと学ぶことも多いと思います。

人間もよく考えればただの動物の一種です。

他の動物から学ぶことは多いはずです

ペットを飼いたいという気持ちは、向上心の現れかもしれません。

自分自身が成長したいちという気持ちの表面化です。

「○○を飼ってみたい。」

こんな気持ちに少しでもなったら、動いてみてはどうでしょうか?

あなたの成長のチャンスです。

 

 

↓読者登録して頂けると嬉しゅうございます。

↓日本ブログ村に参加しています。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村