京滋の掃除屋@おっさんレンタル

自営業の掃除屋・おっさんレンタル特派員・雑記ブロガー!自分の人生観をバラまいて、誰かの人生の役に立ちたい!そんなブログです。

二股かけたら電気代払えなくなるな!と思った話。

スポンサーリンク

f:id:maromimix:20200124160255j:plain


 

二兎追う者は一兎も得ず。

 

二つの物事を欲張っても、

どちらも失敗したり、中途半端に終わってしまう事。

 

一点集中!

労力の分散を防ぐためには必要です。

一つの目標や夢ですら、達成するのも難しいです。

しかし、人間は欲張りです。

新年の初詣。

願いはあれとこれとそれと・・・。

まぁ、多いほうが人生は面白いと思います。

ただ、一つ一つの目標が叶う確立は下がるのかなと思います。

あと大事なのは本気度

年始に願った壮大な夢や目標。

七夕の時には忘れて、違う夢や目標を短冊に書きます。

こんな願いも叶いそうにないです。

 

選択と集中!

 

簡単なようで難しいです。

私も人の事は言えません。

初詣で何を願ったかうろ覚えです。

酔っていましたからね・・・。

私の願いも叶う確率は低いでしょう。

七夕で仕切り直しです。

 

そんなこんなで二匹のウサギをおいかけるよりも一匹のウサギ!

二股かけたら失敗するよ!

そんな事を書いてみたいと思います。

 

 

原発と石炭火力

 

少し前から急に環境問題に火がつきました。

 

・グレタさんの登場。

・オーストラリアの山火事。

・プラスチックゴミの海洋汚染・・・。

 

ほぼ連日、何らかの形でワイドショーでも話題を見かけます。

日本も甚大な被害を受けている国の一つです。

 

ドイツの環境シンクタンクの発表。

2018年に気象災害の被害が一番大きかった国は・・・?

日本!

 

心当たりがあり過ぎて納得です。

そんな事で環境問題への対応が迫られます。

他国から徹底的に非難されているのは、石炭火力発電所

理由は二酸化炭素排出量が絶望的に多いから・・・。

新設はもちろん、既存設備の停止を求められています。

そりゃそうです。

しかし、日本は新設はするし、輸出までしようとしています。

加えて、これと同じように停止を求められるのが原子力発電所

これは他国からもそうですし、自国内でも停止を求める声は強いです。

石炭火力発電所と原子力発電所

この二つからの同時撤退・・・。

単純に考えて無理です。

 

日本のエネルギーミックス 2030年の目標

 

石炭火力:約26%

原子力:約20~22%

再エネ:約22~24%

LNG火力:約27%

石油火力:約3%

 

電気の安定供給の為に政府が示した電源構成目標

 

石炭火力や原発へのバッシング

こんなものは政府も重々承知の事だと思います。

それを考慮してもこの目標。

おそらくですが、この目標達成すら難しそうです。

努力はしたが無理だった。

政治家さんたちのお決まり文句です。

そんな中、今の世の中は石炭火力と原発の両方の停止を求めます。

合算すると、2030年に50%の電源供給がなくなる計算です。

大分無理な話です。

どう考えても同時進行は難しそうです。

どちらか一つを本気で取り組んで、もう片方は現状維持

これぐらいが妥当な気がします。

両方を同時にすすめるなら、相当の覚悟が必要そうです。

 

・朝日が登ったら起きる。

・暗くなったら寝る。

・炊事や風呂は薪を使う。

 

これぐらいは求められそうです。

 

環境問題を声高に訴える人たちは、どう考えているのでしょうか?

石炭火力と原子力発電所。

どちらかの廃止を訴えるなら、どちらかは許容する姿勢をみせるべきです。

私の回りでは、関電へのデモが定期的に行われています。

関電営業所へのシュプレヒコール。

 

・再稼働反対!

・子どもたちに未来を!

・同じ過ちを犯してはいけない!

 

お気持ちはもっともです。

しかし、聞いてみたい。

 

・石炭火力は容認されるのですよね?

・温暖化も容認されるのですよね?

・毎年の台風被害はある程度は仕方ないですか?

 

文字通り「火に油を注ぐ」行為かもしれません。

発電出来ないのが残念です。

 

 

まとめ

 

簡単な問題ではないと思います。

私みたいな素人が、ウダウダ言うことでもないのかもしれません。

ただ、素人目線で、客観的に見ての正直な意見です。

 

石炭火力と原発の同時停止は絶対に不可能。

 

世の中に魔法の杖はありません。

 

しょっちゅう停電して電気がまともに使えない!

こんな不自由な生活は嫌です。

 

電気代も跳ね上がりそうです!

二股かけた結果ですね。

電気代が払えなくなります。

 

では、どちらかは容認しないといけないと思います。

個人的な意見は、原発廃止で石炭火力は容認です。

石炭火力の新設も仕方ないと思います。

ヨーロッパ諸国には土下座しましょう。

理由は、原発は曖昧な事が多すぎます。

今日もこんな記事を見かけました。

東京電力の原発廃炉計画。

廃炉に必要な期間は44年。

44年後・・・。

おそらく私は生きているか微妙です。

また、44年の計画なんてまったくあてになりません。

予定どおりにいく可能性は0でしょう。

その間、廃炉費用だけが、ジャブジャブ使われます

そんな物が日本に50基以上あります。

早々に撤退したほうがいいと思います。

 

どうなるのですかね?

エネルギー問題や環境問題。

 

日本の対外的な顔は小泉さんです。

育休宣言をされました。

しかし、手伝う必要ってあるのですかね?

あのひとの家にはペットシッターなんかもいるそうです。

お手伝いさんなんていくらでも手配出来ます。

私にはただの人気取りにしかみえません。

 

環境問題だけに取り組んでもらいたいですね。

 

 

↓読者登録して頂けると嬉しゅうございます。

↓日本ブログ村に参加しています。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村