京滋の掃除屋@おっさんレンタル

自営業の掃除屋・おっさんレンタル特派員・雑記ブロガー!自分の人生観をバラまいて、誰かの人生の役に立ちたい!そんなブログです。

世の中の二択問題の正解率は50%もないのかなと思った話。

f:id:maromimix:20200124155729p:plain

二択問題、もしくは◯✕問題。

正解率は50%。

どちらかは間違いでどちらかは正解。

でも世の中の二択問題はそうならない。

答えすら出ない。

その原因は絡み合った利害関係。

簡単な話ではなくなってくる。

でも、どちらかを選びきらないと問題は解決しない。

そんな事をふと思ったので書いてみたいと思います。

 

 

性犯罪と女性のオシャレ。

 

2.5人に一人。

18歳までの女子が何らかの性的被害を受けた人数。

(日本性科学情報センター「子供と家族の心と健康 調査報告書」)

 

正直言って酷い数字。

でもこれが現実。

原因なんて色々あると思う。

根本的な問題は男性側の屈折した性欲

これは疑いようがない。

ただ、これはなくなるとは思えない。

なくなる、もしくは減少させる取り組みすらない。

そうならば、なくならないという事を前提で考えないといけない。

そんな危険な状況の中で、たまに疑問に思うのが女性のオシャレであり服装

 

「誰かに襲われたいのか?」

 

こんな事を聞きたくなる事がある。

可愛い服装であればあるほど目立つのが道理

犯罪者のポテンシャルを持った人たちの目にもとまる。

そんな事を考えると、日常生活ではジャージでもいいのかとさえ思える。

(まぁ、これはこれで危険な気もする・・・。)

そういう事で女性のオシャレは諸刃の剣と思える部分がある。

特に思うのが学生。

大人の女性は自分を守る知恵もあるし、お金もある。

色んな防犯グッズを揃えるのも可能。

しかし、学生達はそうはいかない。

何度か書いた事があるが、せめてスカートはやめたほうがいい。

ただでさえ男性を刺激する要素がある。

それに加えて、ギリギリ迄短くするのがオシャレとされている。

危険きわまりない。

学生の露出制限はすでに大人社会が行ってきている。

 

・ブルマをやめてハーフパンツ。

・スクール水着のデザイン変更。

 

なぜもう一歩踏み込んでスカートやめないのか不思議でしょうがない。

今は性的マイノリティーの問題も大切。

13歳(中学入学時)で強制的にスカートをはかすのは大問題だと思う。

世界的に見ても問題だと思う。

 

文化財の復旧と被災地の復興

 

つい最近では首里城の焼失。

少し前にあった熊本城の崩壊。

世界規模でみるとノートルダム大聖堂の焼失。

 

確かに文化財の復旧は大事かもしれない。

でも今の日本。

東北、千葉、大阪、九州・・・。

地震や自然災害の被災

これらからの復興がまだまだ全然終わっていない。

建設業界の人手不足は本当に深刻。

ハードだから誰もやりたがらない。

復興に加えて新規案件もある。

最近の国立競技場建設。

そしてカジノや大阪万博。

全部やっていたら復興なんてとうてい無理。

そして、おそらく今年もどこかで自然災害は間違いなく起こる。

 

形あるものいつかは崩れる

 

これが自然の摂理。

何でもかんでも復旧していたらきりがないというのも一つの考え。

被災地の復興が一番。

文化財は、資料だけを残して諦めたほうがよいと思う。

 

犯罪者と刑罰

 

定期的に起こる残虐な犯罪。

最近の裁判で話題なのが相模原殺傷事件。

知的障害者福祉施設で起こった無差別殺人。

19人を刺殺。

公判が開始されました。

開始早々、被告がやらかしたそうですね。

自分の指を噛み切ろうとした。

完全にイカれています。

弁護側の主張は「精神疾患からくる心神喪失で責任能力はなし。」

無罪、もしくは減免。

残虐な犯罪ほど、この手の論争になります。

ただ、いつも思います。

精神的に狂っていないと殺人なんて出来ないでしょ」という事。

まともな精神状態なら殺人なんて起こせません。

残虐な犯罪であればあるほど、無罪や減免ありきの裁判になりそう。

そして、実際になっている部分もあります。

おかしな世の中です。

性犯罪同様、自己防衛が一番大事な気がします。

 

まとめ

 

最近、怖いなと思うことがあります。

それは外国人の方の存在。

町中で本当に増えました。

私がすむ滋賀県。

工場が多いので、外国人の方が本当に多いです。

そして、これは日本全国同じだと思います。

人手不足ですからね。

ただ、外国人の方は文化が違います。

それは犯罪の文化も同じです。

日本の常識なんて通用しません。

「郷に入れば郷に従え。」

これは日本側の勝手な言い分です。

そして、実際に外国の方の犯罪は増えています。

ニュース番組での犯罪報道。

外国籍の方の名前がちらほら見られます。

当然といえば当然の結果です。

また、気になるのが外国人の方々の待遇

私は仕事柄、色んな賃貸マンションに関わります。

この前見かけたのは、1Kマンションで暮らす親子。

一部屋しかない所で、親子4人で生活。

日本人の感覚ではなかなか厳しいです。

しかし、こんな状態はいっぱいあるのが現実です。

これぐらいの待遇しか、提供していないのでしょう。

技能実習生への違法労働です。

大規模な報復的犯罪が、いつ起こっても不思議ではありません。

ポルトガル語や中国語で「助けて!」はなんていうのでしょうか?

これぐらいは勉強しておく必要がありそうです。

 

 

↓読者登録して頂けると嬉しゅうございます。

↓日本ブログ村に参加しています。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村