京滋の掃除屋@おっさんレンタル

自営業の掃除屋・おっさんレンタル特派員・雑記ブロガー!自分の人生観をバラまいて、誰かの人生の役に立ちたい!そんなブログです。

パチンコ店でお金を増やす方法を突き詰めるとこうなるという話。

f:id:maromimix:20200131150955j:plain

 

パチンコはギャンブル。

当たり前の話です。

僕は15年ぐらいパチンコ業界で働いていました。

その中で店長を務めていたのは8年ほど。

 

・パチンコの釘も叩いていました。

・スロットの設定も考えていました。

 

表も裏もしっています。

店長時代にたまに言われたことがあります。

 

「プレイべートで打ちにいったら勝てますか?」

 

答えは「NO」です。

逆にいかなくなりました。

副店長の時までは休みのたびに行っていたと思います。

店長になるといろんなことがわかってきます。

トータルで見て「勝てるわけがない」。

そういうシステムです。

しかし、「勝てる方法は本当にない!」という訳ではありません。

そんなことを書いてみたいと思います。

 

 

パチンコは勝ちやすいか?

 

・チュッカーに玉が入って液晶が回る。

・大当たりしたら玉がいっぱい出てくる。

 

パチンコはこれの繰り返し。

あくまで確率の世界であって、運の世界です。

1000円で何回スタートするか?

よく聞く話です。

いわゆるボーダーライン。

しかしたいして意味ありません。

店長時代にもよくありました。

イベントなどで出したいタイミング。

豪快に開け調整!

結果は店側の大勝ち。

そんなものです。

あくまで運の勝負だと思ったほうがいいです。

ギャンブルという意味では健康的かもしれません。

自分の運を信じてください。

 

スロットは勝ちやすいか?

 

スロットといてば設定。

基本的には6段階あります。

それによって出率(出る割合)が変わります。

設定①が一番悪くて⑥が一番良い。

店長時代によく聞かれました。

「今日はどれぐらい高設定台が入っているの?」

いつも苦笑いでした。

あくまでパチンコ店は営利目的です。

店側が負けるわけにはいきません。

スロット台の出率は設定③から100%を超えます。

そうなるち必然的に③以上は投入できない計算になります。

基本的な設定は①か②です。

交換率はほとんど関係ありません。

等価交換なら、ほぼオール①だと思って間違いありません。

単純に出率を考えれば当然の話です。

通常営業時に高設定台を探すのは無駄な労力です。

運を天に任せて台を選べばいいと思います。

パチンコとたいして変わりません。

 

結局はどうするのか?

 

パチンコもスロットも運任せ。

では、結局は勝てないということ?

答えはそうかもしれません。

ただ、突き詰めると一つだけ勝てる方法があります。

お店側は年に数回、本当に出したいタイミングというものがあります。

それはリニューアルオープンや周年祭などです。

新台入れ替えはあまり信用できません。

平気でボッタくる店が後を絶ちません。

そこしか抜けない(稼げない)からです。

そして、そこでは思い切った上げ調整を行います。

パチンコもスロットもです。

しかし、先ほども書きましたがパチンコはどこまでいっても運次第です。

そこで注目するのはスロットです。

高設定台を確保できれば勝てます。

ではどうやって確保するか?

決めた人間から聞き出すだけです。

店長といわれる人間から聞き出すのです。

普通に聞いても教えてくれるものではありません。

 

・見返りを持ち替ける。

・弱みを握る。

・恐喝や脅しのたぐいで聞き出す。

 

なんでもいいです。

一度だけでいいです。

聞き出してください。

その時点でこちらのものです。

二回目からは簡単に聞き出せます。

断ってきたら、本社にバラスといいましょう。

もし本社にばれたら一発でその店長は首です。

そこに労働者保護なんてありません。

本当に一発で首です。

店長もそれはわかっています。

その後、半永久的に教え続けてくれるでしょう。

 

まとめ

 

結局はスロットにおける設定の情報漏洩です。

確実に勝ち続ける方法は、これしかないでしょう。

しかし、単純に犯罪です。

では、バレた時にパチンコ店側が警察に訴えるか?

これはおそらくNOです。

それはいろんな理由で、パチンコ店側が警察と関わりたくないからです。

警察のさじ加減で営業停止になる世界ですからね。

いらぬ手間をかけさすことは避けたいです。

 

最後に、なぜこんなことを書いたのか?

 

最近のパチンコ店はどこも営業が厳しそうです。

できることは何でもする!

それは商売の基本です。

それはわかります。

その中で、店長が氏名や名前を公表しているのをたまに見かけます。

店長の人柄や雰囲気で、お客さんを安心させたいのでしょう。

しかし、これは本当に危険です。

私が店長時代には毎年、数名の店長が辞めていきました。

理由は情報漏洩です。

私の仲のいい人間もやめていきました。

美人局にあったそうです。

一時の快楽後に、怖いお兄さんが出てきたそうです。

一度だけの約束で設定を漏らしました。

そこからは骨の髄まで絞られて、最終的には本社にばれました。

一発で首です。

その日のうちです。

もちろん、警察に通報なんてありません。

次の日から、何事もなかったかのように営業は行われます。

そんなものです。

それぐらいパチンコ店の店長はリスキーです

それなのに氏名や顔を公表する親会社。

正直言って鬼畜です。

世の中の店長さん達が危険な目に合わないことを願います。

店長の名前などを公表する店舗。

こういうお店にはいかないほうがいいです。

高設定台は、すべて抑えられている可能性がありますからね。

 

 

↓読者登録して頂けると嬉しゅうございます。

↓日本ブログ村に参加しています。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村