京滋の掃除屋@おっさんレンタル

自営業の掃除屋・おっさんレンタル特派員・雑記ブロガー!自分の人生観をバラまいて、誰かの人生の役に立ちたい!そんなブログです。

ドラえもんには会いたいが、家事えもんはどうでもいいという話。

スポンサーリンク

f:id:maromimix:20200220190535j:plain

 

「家事えもん」

お笑い芸人で家事の達人!

何やら知らない間に広まっていましたね。

通販番組でもたまに見ます。

家事ということで料理とお掃除のプロです。

僕は掃除屋。

料理の事は分かりません。

しかし、掃除に関してはプロと言いきれます。

そういう事で、

掃除屋目線で家事えもんの事を考えてみたいと思います。

 

 

 

彼は掃除屋ではない。

 

ハウスクリーニング。

頼まれた方もいるのではと思います。

掃除屋の仕事です。

一般家庭で落とせなかった汚れを落とす。

これが掃除屋です。

やり方も色々とあります。

引き出しの多さが現場では大切です。

家事えもんも色々とやり方を公表しています。

僕も一通り見させてもらいました。

しかし、残念ながらあまり参考になりません。

掃除の現場で通用するやり方ではないのです。

事故現場みたいなお部屋を掃除する事もあります。

そんな時に、家事えもんのやり方では残念ながら通用しません。

家事えもんのやり方でハウスクリーニングは出来ません。

あくまで彼が行っているのは家事です。

掃除屋の掃除ではありません。

車で例えるならメンテナンスです。

修理のレベルがハウスクリーニングであり、掃除屋の仕事です。

僕の専門は空室清掃というもの。

賃貸マンションの退去後清掃です。

そろそろ繁忙期。

ドラえもんの助けはほしいですが、家事えもんは「ノーサンキュー」です。

 

話題にすらあがらない。

 

掃除屋どうしで交流があります。

色んな情報交換を行います。

顧客の事、洗剤の事、掃除のやり方の事。

その中で家事えもんの話題になる事はありません。

掃除屋の世界には、インフルエンサー的な存在が数名います。

彼らは日々、掃除の仕方をSNSを通じて発信します。

生の現場での技術向上です。

彼らの情報発信は、掃除屋としての技術向上に役立ちます。

家事えもんは、掃除屋界でのインフルエンサーではありません。

どちらかというと色物扱いです。

掃除屋は彼の事を同類とは思っていません。

 

迷惑でござる!

 

家事えもんのやり方。

結構、浸透しているのですね!

現場で色々と聞かれます。

家事えもんについて・・・。

 

「やっぱり参考にされているのですか?」

「あのやり方はどう思いますか?」

「目標は家事えもんですか?」

 

ごめんなさい。

ほとんど知りません。

一通り見て参考にならなかったのでスルーです・・・。

 

ハウスクリーニングを頼んだ時に期待しないで下さい。

僕たちは家事えもんの事を知らないです。

知る必要がありません。

 

「えっ、知らないのですか・・・」

 

そんな目で見ないで下さい。

掃除屋にとって、家事えもんは迷惑です。

 

まとめ

 

彼は家事のプロであって掃除のプロではないです。

掃除屋としては通用しません。

テレビ番組でやってほしいです。

 

汚いお部屋でお掃除勝負。

家事えもんVS掃除屋

 

おそらく勝負になりません。

リアルな掃除屋は経験値が違います。

油まみれ、ゲロまみれ、ホコリまみれ・・・。

それをキレイにするのが掃除屋です。

家事えもんには無理です。

家事えもんは家事のプロです。

掃除屋ではありません。

そして、最近思う事があります。

彼はアフィリエイターじゃないかという事。

百均、通販、掃除道具・・・。

掃除を媒体にするアフィリエイター。

おそらくこれが彼の本当の姿です。

掃除屋からの認知度や支持率がほとんどなし・・・。

大蔵省、環境省、財務省・・・。

掃除省ができても同業は誰も彼を応援しません。

そんなもんです!

そもそもの話が名前が罪です。

 

「家事えもん」

 

ドラえもんに対する侮辱です。

掃除のレベルはのび太くんレベルです。

 

「家事太くん」

 

改名した方がいいですね。

呼ばれたらHELPに行きますよ!?

 

「家事えも~ん」

※世の中の掃除屋のことです。

 

彼はお笑い芸人であって掃除屋ではない。

お笑い芸人の小遣い稼ぎ・・・。

本気でやっている人間からしたらマジで気分悪いですね!

ジャイアンに言いつけてやる!!!

 

↓読者登録して頂けると嬉しゅうございます。

↓日本ブログ村に参加しています。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村