京滋の掃除屋@おっさんレンタル

自営業の掃除屋・おっさんレンタル特派員・雑記ブロガー!自分の人生観をバラまいて、誰かの人生の役に立ちたい!そんなブログです。

女性におすすめしたい掃除屋のオス。

スポンサーリンク

f:id:maromimix:20200308123136j:plain
 

昨日の3月8日。

「国際女性デー」らしいですね。

女性への差別に反対し、地位の向上を求める日。

最近では運動も盛んです。

 

#MeToo

#KuToo

フラワーデモ・・・などなど。

 

世の中はよくなっているんですかね?

でも、日本は悪化しているそうですね。

2019年「男女格差報告」

日本は過去最低の121位(153カ国中)。

各分野の中で一番悪いのが政治分野。

144位だそうですね。

国会中継でも登場するのは汚いおっさんばかり。

納得です。

そして、次に悪いのが経済分野。

115位だそうです。

管理職に占める女性比率が12%。

そう判断されるのも当然です。

女性が活躍するにはどうしたらいいのか?

真っ先に言われるのが男性の理解や協力

これも当然のことです。

職場のことは世間の圧力があるので、改善していくと思います。

訴えたりデモをおこしたりで、実力行使もできますもんね。

では、問題になってくるのが家庭のこと。

旦那が奥さんに協力的になれるかどうか?

奥さんが活躍するために、フォローできるかどうか?

そこでおすすめしたいのが掃除屋のオス。

そんなことを書きたいと思います。

 

 

掃除はプロ。

 

掃除はプロ級。

もちろん、そうです。

それでご飯食べてますからね。

汚れまくった部屋でも、1日あれば入居できる状態にします。

「家事えもん」所の話ではないです。

前に書きましたが、「家事えもん」は掃除屋ではないです。

言ってしまえばプロとアマの違い。

掃除屋から見ると、家事えもんの掃除はおままごとです。

あの人のやり方ではご飯は食べれません。

家に帰っても、奥さんは掃除をする必要はありません。

申し訳ないな・・・。

こんなことを思う必要もありません。

一般家庭の日常清掃。

掃除屋からしたら苦でもなんでもないです。

 

油まみれのキッチン。

変色したトイレ。

地上絵かと疑うフローリング。

 

こんな所を掃除してるのが掃除屋です。

遠慮なく家の掃除は丸投げでOKです。

家の掃除のことは忘れてください。

 

放置でOK。

 

毎日かまわなくてもOKです。

休みの時とか、気の向いたときだけでいいですね。

相手をするのは!

掃除屋は基本的に一人作業です。

今日一日、誰とも話さなかった!

別に不思議ではないです。

一人でモクモクと作業します。

プライベートでもこの流れは続きます。

そう、一人遊びが得意ですね。

放っておかれても、特にさみしくもありません。

不平不満もございません。

たとえるなら猫でしょうか?

掃除のできる猫。

 

家に帰ったら自分の好きなことをする。

気が向いたら旦那で遊ぶ。

 

奥さんはこんな感覚でOKです。

便利な機能がたくさんついたルンバ!

こんな感覚でもいいですね。

 

独立という夢。

 

集客して現場作業。

基本はこれだけです。

掃除屋の世界は。

まぁ、どんな職業でも同じだと思います。

ただ、その参入ハードルは他の職業に比べて低いと思います。

設備投資が少額で済みますからね。

事務所なんていりません。

自宅兼事務所でOKですし、PC一台あればOKです。

現場作業で使う道具も、高いものではありません。

なので、副業などでもよく紹介されます。

しかし、掃除屋全般で多いのが集客が苦手・・・。

現場作業は一流だが、パソコンは使ったことがない!

こんな人はたくさんいます。

残念ながら・・・。

なので夫婦で独立とか面白いでしょうね。

 

奥さんが集客担当。

旦那が現場担当。

 

しかし、集客は簡単ではないです。

僕もつくづく難しいとは思います。

ただ、昔と比べて力業ではありません。

HP、SNS、チラシ・・・。

このあたりを展開していきます。

飛び込み営業とかは時代遅れでしょう。

そういう意味では、奥さんが自宅で行えるものです。

夫婦で起業。

十分やっていける業種です。

そして、実際に夫婦で活動する掃除屋は多いです。

いろんな可能性や選択肢があるのはいいことです。

 

まとめ

 

教育現場。

ここもよく問題になりますよね。

 

校長や教頭に女性がいない・・・。

 

ただでさえ忙しいのが教師という職業。

しかし、多いのが教師同士の結婚

出会いの基本は職場。

それはしょうがないとは思います。

ただ、忙しいもの同士が結婚

どちらかが、どこかのタイミングでフェードアウトする。

簡単に想像できますね。

こんなことを考えると、職場恋愛は危険かもしれないですね。

キャリアをつみたい女性にとっては。

投資の世界の相関係数にも似てると思います。

例えば今のコロナ流行のタイミング。

夫婦そろって飲食業。

客足低迷→売上低迷→事業存続の危機。

完全な撃沈パターンです。

職場結婚や同業での結婚。

リスクが分散されているとは思えません。

そう考えると、全く畑違いの異性と付き合ったほうがいいと思えます。

そこで仕事が出来る女性におすすめしたいのが、掃除屋のオス。

 

・家の掃除のことは忘れていい。

・基本は放し飼い。

・いざとなったら旦那を使って起業。

 

掃除屋のオスは働く女性におすすめです。

超優良物件ですよ!

 

↓読者登録して頂けると嬉しゅうございます。

↓日本ブログ村に参加しています。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村