京滋の掃除屋@おっさんレンタル

自営業の掃除屋・おっさんレンタル特派員・雑記ブロガー!自分の人生観をバラまいて、誰かの人生の役に立ちたい!そんなブログです。

デリカシーのない待ち人は自爆あるのみ!?

スポンサーリンク

f:id:maromimix:20200321191031j:plain

自分の家の中でのルールは自分で決めます。

ただ、一歩外に出れば社会のルールというものがあります。

しかし、これも正直言ってあいまいですよね!?

何となく作れられたルール?みたいな感じです。

その根本にあるのは個人個人の理性やむき出しの感情です。

では、それが顕著にあらわれるのはどこか?

やはりトイレだと思います。

前にも触れた事がありますが、公共のトイレは面白いです。

訪ねてくる人は基本的に危機一髪状態です。

そこには色んな人間ドラマがあると思います。

ただ、イラッとする瞬間もあります。

それは、デリカシーのない人間・・・。

まぁ、偉そうな事言っていますが、僕もたいしてありません。

しかし、常にお腹がゆるい僕にとってトイレはサンクチュアリ(聖域)

たまにいるデリカシーのない人。

まずは、ノックするタイミングです。

トイレには使用中が分かるマークがあります。

取っての上ぐらいですね。

中から鍵をかけると赤くなります。

そう、見ただけで使用中かどうかは判断できます。

しかし、こんな人いませんか?

 

使用中と分かっていてノックする人。

 

暫く待ってからノックするならわかります。

待っている人いますよ~。

これぐらいのニュアンスです。

僕が言いたいのは全く待たずにノックする人。

 

「俺が来たからお前は直ぐに出ろ!」

 

こう言いたいのでしょうか?

こんな事をされると、出るものも出なくなりますね。

結果、暫く出ませんね。

自爆してください。

 

次はマークを確認せずに開けようとする人。

 

これは本当に怖いです。

みなさんは経験ありませんか?

個室に入っていてドアを開けようとされた事・・・。

本当にオカルトの世界です。

 

「ガチャ・ガチャ・ガチャ」

 

ただただ、怖いです。

力づくで、開けられそうです。

特にコンビニの男女共用トイレ。

中に入っているのが女性だったら、トラウマものでしょう。

トイレに着いたら使用中かどうかを先ずしっかりと確認する!

このぐらいのデリカシーは本当にほしいですね・・・。

 

まぁ、どうでもいいくだらない話です。

ただ、本当にトイレというのは奥深いです。

この間はコンビニのトイレでこんな事がありました。

あまりにも出てこないのでノックして様子をみました。

出てきたのは杖をついたご老人・・・。

やっぱり反省しましたね。

用を足すのも出てくるのも、時間が掛かりそうです。

ただ、こちらも緊急事態!

本当に難しい所です。

あと、コンビニのトイレでウォシュレットはいるのですかね?

 

「さっさと拭いて出てこい!」

 

こんな風に思ってしまいます。

 

突き詰めると攻めと守りでしょうか?

 

攻め:自分はトイレをしたい。

 

守り:ゆっくりと用を足したい。

 

攻め方を間違うと相手は守りを固めます。

自爆したくなければある程度の戦略は必要ですかね!?

 

 

↓読者登録して頂けると嬉しゅうございます。

↓日本ブログ村に参加しています。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村