京滋の掃除屋@おっさんレンタル

自営業の掃除屋・おっさんレンタル特派員・雑記ブロガー!自分の人生観をバラまいて、誰かの人生の役に立ちたい!そんなブログです。

コロナへの対応で明暗が分かれそうな話。

スポンサーリンク

f:id:maromimix:20200324124607p:plain

まだまだ収まりませんね、コロナウイルス。

中国から始めってアジア。

アジアから欧米、世界へ!

最初はこんな大事になるなんて思ってませんでした。

大半の人がそうだったと思います。

本当に大変な事態になりました。

ただ、少し尖った見方をする時があります。

 

例えば、一体感

 

今は世界が一つになって封じ込め作業です。

ある意味では僕の人生で初めての経験です。

 

世界が一つに!

 

コロナのお陰で世界が一つになれた。

数年後に言えるようになってほしいですね。

コロナは大変だったが、あれはあれで世界平和に貢献した。

せめて、こんな夢物語を信じたい所です。

 

次に神秘的だということ。

 

ウイルスは目に見えません。

中国で生まれて世界中に広まりました。

ある意味ではすごく神秘的に思えてきます。

目に見えないものが海を越え、国境を越え!

スケールがとても大きなおとぎ話とも見れます。

どんなドラマティックな旅路なのでしょうか?

不謹慎ですが、こんな事も考えてしまいます。

 

さてさて、話は本題のコロナへの対応。

それは、実際に感染者が出た時の対応です。

先日、滋賀県で感染者が出ました。

50代の男性です。

もちろん、行動履歴に注目が集まりました。

ここで、この男性はダブルワークをしていました。

 

・商業施設でアルバイト勤務

・清掃会社で勤務

 

最初に出た情報はこんな感じです。

そして、すぐに商業施設が対応に出ました。

それは三洋堂書店さんという所でした。

即刻、営業自粛

そして、店内の消毒作業実施

本当に素早い対応だったと思います。

これまでの各地での発生でも、似たような対応だったと思います。

間違いなく、これがベストな対応

こういう対応をしたから、感染拡大が防げたのだと思います。

ただ、もう一方の清掃会社。

 

・社名は公表せず。

・感染した従業員が入った現場も公表せず。

 

唯一行ったのは同僚9人の検査。

この検査では9人ともに陰性だったそうです。

それはよかったなとは思います。

しかし、

入った現場を明かさないのは、致命傷になりかねない内容です。

どんな清掃会社なのかは知りません。

ただ、従業員が9人以上という事は、間違いなく大きな清掃会社です。

おそらく商業施設等に出入りしていたと思われます。

また、一般家庭に伺っていた可能性もあります。

そして、作業は掃除です。

もちろん、そこら中に触れます。

ウイルスをまき散らすといっても過言ではないと思います。

しかし、それらの内容は一切、公表せず・・・。

多分、公表できないんですかね?

現場が大型商業施設なら、かなり厄介なことになります。

でも、公表しないのもまた違う気がしますね。

そうなると、すぐに動いた三洋堂書店さんはすごいと思いますね。

僕は自営業の掃除屋。

だから、

なおさらにこの清掃会社の対応には、疑問が絶えません。

 

正直者が馬鹿を見る

 

こんな世の中にはなってほしくないものです。

三洋堂書店さんには早く復活してほしいものです。

しかし、この清掃会社は大丈夫ですかね?

今はネット社会です。

少しでも情報が洩れれば一気に拡散します。

その時には、おそらく相当な非難は覚悟しないといけないでしょう。

 

・ばれるか?

・隠し通せるか?

 

なかなか、興味深い展開です。

 

↓読者登録して頂けると嬉しゅうございます。

↓日本ブログ村に参加しています。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村