京滋の掃除屋@おっさんレンタル

自営業の掃除屋・おっさんレンタル特派員・雑記ブロガー!自分の人生観をバラまいて、誰かの人生の役に立ちたい!そんなブログです。

京都にあらためて考えてほしいこと。

スポンサーリンク

f:id:maromimix:20200324181739j:plain

僕が住むのは滋賀県。

京都の隣です。

電車で30分ぐらいですかね。

また、もともとは京都の人間です。

小中高とすべて京都の学校です。

そんなことで京都にゆかりある人間。

ただ、数年前から京都に疑問を持っていました。

 

それは「観光公害」の問題。

 

日本からだけでなく海外からも訪れる観光客。

そしてその観光客が引き起こす様々な問題。

 

・ゴミの投機

・交通ルールを守らない

・電車やバスが異常に混雑して市民が生活しづらい

・食べ歩きによる接触

・そこら中で喫煙・・・。

 

いろんなことが問題化しているそうです。

特に海外の観光客の方ですかね。

そもそもが文化の違いというものがあります。

ある程度の問題がおこるのは当然のことです。

また、民泊の問題もおこっています。

夜中に騒ぐ観光客。

確かに近所の人は大迷惑です。

 

「民泊反対!」

 

京都の路地に入ると、かなりの確率でこんな張り紙に出会います。

本当に大変な部分があることは理解できます。

ただ、思うことがあります。

それは、「観光公害」という言葉。

 

はるばる他府県や海外から来てくれた人を公害扱い・・・。

 

個人的に思いました。

 

何様?

 

みなさんの京都のイメージってどうでしょうか?

都会?

これはないと思います。

実際に都会ではないです。

栄えているのは河原町近辺だけです。

 

大阪と比べたら相手になりません。

 

それぐらいの都市です。

唯一の武器が観光都市。

歴史がありますからね。

逆にいうとそれしか魅力がありません。

なので、昔から観光客の誘致に躍起になっていました。

 

「そうだ 京都、行こう!」

 

この言葉を筆頭に観光客を呼び込みました。

実際にそれは成功しました。

ただ、成功しすぎたら公害扱い・・・。

 

何様?

 

日本のキラーコンテンツは観光業。

それは政府自体も認めています。

必死になってアピールしました。

ただ、地方都市は苦戦しているようです。

僕が住む滋賀県も同じです。

京都のおこぼれにあずかっている状態です。

 

増えすぎたら公害扱い!

 

多分、滋賀県ではおこらないと思います。

観光客が来てくれれば、地方経済は盛り上がります。

そうすると税収も増えます。

滋賀県の財政は厳しいです。

花火大会すらままなりません。

観光客が増えれば本当にありがたいことです。

しかし、ここで流れが変わりました。

それはコロナウイルス。

京都も閑散としています。

宿泊施設や土産物店が悲鳴をあげているそうです。

ただ、客観的にみて数年前の京都に戻っただけです。

静かで上品な町の空気になりました。

ある意味では公害は解消されました。

 

よかったね?

 

こんな憎まれ口を言いたくもなりなす。

京都はこれからどうするのでしょう?

コロナの影響が落ち着いたら、再度の観光アピールでしょうか?

ここは立ち止まって考えてほしいです。

 

・増えすぎたら問題なのですよね?

・増えすぎたら公害扱いなのですよね?

 

今はリセットされた状態です。

今後の動き出しはよく考えてほしいものです。

 

 

↓読者登録して頂けると嬉しゅうございます。

↓日本ブログ村に参加しています。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村