京滋の掃除屋@おっさんレンタル

自営業の掃除屋・おっさんレンタル特派員・雑記ブロガー!自分の人生観をバラまいて、誰かの人生の役に立ちたい!そんなブログです。

滋賀県には緊急事態宣言が必要かもしれない話。

スポンサーリンク

f:id:maromimix:20200404135754j:plain

 

・あなたはノラ猫を見たことがありますか?

・あなたはノラ猫を可愛いと思った事はありますか?

・あなたはノラ猫を飼いたいと思った事はありますか?

 

全て丸の人も多いことかと思います。

ただ、ノラ猫を飼うのって結構、大変です・・・。

我が家には猫が3匹。

うち2匹は元ノラ猫です。

そして、その内の一匹が本当に大変です。

理由は全くなつかないという事。

拾った経緯は冒頭の三項目の流れ通りです。

仲良く一緒に暮らせると思っていました。

しかし、ひろった時に既に大きかった事もあって、全くなつきません。

僕が近づくと全力で逃げます。

大抵は押入れの中に逃げ込みます。

こんな状態です。

 

f:id:maromimix:20200404134153j:plain


「何なのあんた!近寄らないで!!」

 

こんな言葉が聞こえてきそうです。

既に2年以上も一緒に生活しています。

まぁ、今となってはこんな状況も気になりませんね。

逆に逃げる姿がかわいいです!

とまぁ、ここで何が言いたいか?

それは猫という動物が、想像以上に警戒心が強く臆病であるという事。

まちなかのノラ猫さんは特にそうです。

猫島とかの猫は、小さい頃から人間になれています。

ご飯をもらっています。

だから、あそこまで人間にフレンドリーです。

しかし、町中のノラ猫さんは全く状況が異なります。

その結果が、我が家の猫の状況です。

そんなノラ猫さんですが、滋賀では惨殺事件が続いています

少し前に同ブログ内でも触れました。

 

 

www.maro-mimi.com

www.maro-mimi.com

 

内容は滋賀県内で、1年間で5件の猫の虐殺事件。

そして、それに続いて猫にボーガンが打ち込まれるという事件。

そして、もちろん終了ではありませんでした。

 

4月3日 用水路に頭部がない猫の死骸が発見される・・・。

www.kyoto-np.co.jp

 

頭部が鋭利な刃物のようなもので切断されていたそうです。

もちろん、頭部は発見されていません。

発生場所は滋賀県の中部です。

これまでと同じ様な地域です。

もちろん、猫を飼っている人間として腹立たしいですし、許せません。

ただ、今回はそれ以上になにか胸騒ぎがします。

 

それは、次は人間

 

滋賀県中部から北部にかけて、間違いなくサイコパスはいます。

そして、今は猫の虐殺で止まっているだけ

人間への引き金になりそうなのが、今の社会情勢。

 

コロナの影響。

 

僕だけですかね?

何やら最近の世の中の空気がおかしいと思っているのは?

回りの人間も何か怒りっぽい

コロナの報道で隠れがちですが、喧嘩が発展して殺人

こんな事件も起こっています。

すれ違う人がコロナに感染しているかもしれない。

まさに、疑心暗鬼の世界です。

屈折した感情が更に増長されても不思議ではないです。

最近、思うことがあります。

 

それは、

「不要不急な外出は本当に控えなければいけない」という事。

 

これは対コロナだけじゃないと思います。

残念ながら、世の中には追い詰められている人間が多数おられると思います。

大打撃を受けている業界が多数ありますから。

ヤケクソになっている人もいると思います。

「チューハイ2本飲んでダンプでひき逃げ!」

こんな事件も起こっています。

下手に外出したら、どんな事件に巻き込まれるか分かりません。

特に最近よくみかけるようになったのは若い女性のランニング。

それも、暗くなってから。

運動不足でウエイト増でしょうか?

人の目を恥ずかしがって暗くなってからでしょうか?

 

本当に危険だと思います。

 

さてさて、本当にどうなるでしょうか?

滋賀県の状況・・・。

残念ながら、猫の事件は止まらないと思います。

警察がまともに動いているとは思えません。

だって、1年強で少なくとも7件ですよ。

おそらく、発見されていない案件もあるでしょう。

これがどうなったら止まるか?

 

それは人間の犠牲が出るかどうか。

 

あなたの子供かもしれません。

コロナ以上の危険性だと思います。

コロナの危険性に上乗せです。

宣言は待ったなしのような気がします。

 

↓読者登録して頂けると嬉しゅうございます。

↓日本ブログ村に参加しています。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村